webgonia

アナリティクスでWordPressのキーワードを知るためにする設定

アナリティクスでWordPressのキーワードを知るためにする設定

Search Consoleでは検索クエリでブログに集まるキーワードをカンタンに見ることができますが、さらにGoogleアナリティクスと連動しておけばアナリティクスでも検索クエリが見ることができ、アドバンスフィルターでキーワードの絞り込みもできるようになるのでしてないと損ですよ。

Googleアナリティクス+Search Console

では早速GoogleアナリティクスとSearch Consoleのデータを関連付けて連動させていきましょう、「Search Console」にログインして設定したいサイトをクリックします。

アナリティクスサーチコンソール連動サイトを選択できたら画面右側の「設定ボタン」をクリックして「Googleアナリティクスのプロパティ」を選択します。
アナリティクスサーチコンソールGoogleアナリティクスのプロパティ「Googleアナリティクスのプロパティ」を選択すると「GoogleアナリティクスでSearch Consoleのデータを使用する」タブが表示されるので関連付けたいサイト左側のチェックボックスをクリックして「保存」します。
アナリティクスサーチコンソール連動保存関連付けたいサイトを保存できたら「関連付けの追加」をするか確認のため聞いてきますので「OK」を選択します。アナリティクスサーチコンソール連動保存OKこれでGoogleアナリティクスとSearch Consoleのデータを関連付けて連動させることができました。

実際に連動しているかを確認するには、Googleアナリティクスにログインしてメニューから「集客」→「検索クエリ」を選択して検索クエリのグラフが表示されていれば完了です。

アナリティクスサーチコンソール連動検索クエリもしもこの画面になってしまったら連動されるまで時間がかかっているか連動されていないので少し時間をおいてもう一度操作をやり直してください。
アナリティクスサーチコンソール連動検索クエリ非表示そして連動後すぐは直近の 2 日間には利用できるデータがありません。」と表示されますが時間が過ぎれば解決しますのであわてずそのままにしておきましょう。

アドバンスフィルターで検索クエリを解析しよう

アドバンスフィルターで検索クエリを抽出することで検索されたキーワードの絞り込みができます、今後ブログの方向性を考える上でも有効なツールなので使い方を覚えておきましょう。
アナリティクス検索クエリアドバンス検索クエリグラフ下「アドバンスメニュー」をクリックするとアドバンスフィルターの設定画面が表示されます。フィルターを設定する時「検索クエリ」と「ディメンションと指標を追加」をクリックして設定していきます。

アナリティクス検索クエリアドバンスフィルター「検索クエリ」と「ディメンションと指標を追加」でフィルター検索できるのは「CTR」「クリック数」「表示回数」「平均検索順位」の4つの項目です。

項目が非表示の時は「利用状況」の三角をクリックして表示させましょう。

ディメンションと指標を追加検索クエリ例えば「クリック数が100以上で平均検索順位が10位以上」のキーワード検索してい場合は以下のように入力して「適用」を選択するとアドバンスフィルターが内容にあった検索結果を表示させてくれます。

アドバンスフィルター適用狙っていくキーワードを絞り込むことができる機能なので有効活用していきましょう。

は以上になります。

GoogleアナリティクスとSearch Consoleのデータを関連付けて連動させることによってブログに集まるキーワードが見やすくなるので連動させて、検索クエリを解析する時はアドバンスフィルターを使っていきましょう。

最後までお読み頂きありがとうございます。

Return Top