webgonia

どれが正解なの?Web用に画像を保存するときのファイル形式

どれが正解なの?Web用に画像を保存するときのファイル形式

Web用に画像を保存するときのファイル形式に迷ってしまいますが、各画像形式の用途が分かればもう迷うことはなくなります。

どれが正解かすぐに判断できるようにWeb用に画像を保存するときのファイル形式について紹介していますので参考にしてみてください。

画像ファイルの種類を確認しよう

Webデザイナーが製作で使用する画像ファイルは3種類あり、それぞれ「JPEG」「GIF」「PNG」といった名前のデータで保存します。

フォトショップで画像をWeb用に保存する時は、メニューから「ファイル」→「Webおよびデバイス用に保存」または「Shift+Ctrl+Alt+S」のショートカットキーを選択するとダイアログボックスが表示され赤枠の部分でファイル形式を変更できます。

Webおよびデバイス用に保存

それぞれの画像ファイルのメリット

どのファイルで保存で保存してもWebにアップすることは出来ますが、画像ファイルにはそれぞれ得意としている分野がことなるので、もう迷わないように覚えておきましょう。

JPEG

JPEG形式は24ビットカラーを使用しており画像ファイルのスタンダードといってもよい画像形式です、どれを使ったらいいのか分からなくなっても「JPEG」にしておけば問題ないです。

GIF

GIF形式は8ビットカラーを使用しておりJPEGが1670万色に対してGIFは256色なので多彩な色を表現するには向いていませんがロゴやベタ塗りの画像に最適です。

PING

PING形式は8ビットカラーを使用している「PING-8」と24ビットカラーを使用している「PING-24」の2つの形式があります。

GIFとは異なりフルカラーにもすることができるといったすぐれものですが、1つだけ問題がありブラウザによってはサポートされていないのでWebにアップしても見れない場合があると注意喚起がうながされています。

どういった時に使い分けたらいいの?

3種類の画像形式について見てきましたが、「じゃあ全部JPEGでいいんじゃないの?」と思われたかもしれません。

基本的にはそうなんですが用途によって使い分けしてすることをおすすめしています、ケースによってどの画像形式にメリットがあるか確認しましょう。

ロゴ画像

ロゴ画像ってフォントのみであったり複雑で高画質な写真を使用することはないのでGIFにしておくとファイルサイズも小さいので最適です。

背景が透明な画像

背景を透明にしているデザインデータにはPINGを使用しましょう、その他のファイル形式では透明部分を保持することができません。

ブログ記事に使用する画像

ブログの文中やネットショップの商品写真には迷わずJPEGを使用しましょう。

画像ファイル形式のまとめ

どれが正解なの?Web用に画像を保存するときのファイル形式は以上になります。

Web用に画像を保存するときのファイル形式を確認してきましたが基本的にはJPEGで大丈夫ですが用途によって使い分けることを覚えておきましょう。

最後までお読み頂きありがとうございます。

Return Top