webgonia

iPhone6s/Plusが割れる前にしておきたいたった1つのコト

iPhone6s/Plusが割れる前にしておきたいたった1つのコト

保証にはいっていますか?

iPhoneの画面は割れやすいの保証には必ず入っておきましょう。

どの保証をかけておいたほうがいいのか、保証にはいらない場合の対策をまとめました。

発表されたばかりのiPhone6s/Plusをすぐに購入でき、これからどんな機能があるのかウキウキしまよね。

初めてiPhoneを手にした方もiPhoneのヘビーユーザーの方もしっておいてほしいんですが、iPhoneの画面ってすぐ割れてしまうんです。

ポケットに入れていて後ろの机に当たったら割れてしまっていたり、落下させて側面にあたっただけなのに画面が簡単に割れてしまうんです。

そうならなければ一番いいのですが、なってしまった時のために保険をかけておきましょう。

どんな保険があるの?

アップル製品の保険といえばやっぱりアップルケアですね。特にiPhoneの場合は日常生活で常に割れやすい環境にさらされているのでアップルはApple care+って保険を用意しています。

保証内容はこちらから確認してください。

Applecare+は購入から30日以内でないと入れないで注意してください。

各キャリアでiPhone購入時の保証にはいりますかって聞かれるけど、これはApple care+に付加価値をつけただけなので実際は必要ないと感じます。

その分月額費用がかかってしまいますし、個人的にはApple care+で十分のなので注意してときましょう。

参考:iPhoneが割れたらアップルケアに加入しているか確認するたった1つの方法

本当は保険をかけないほうがよい理由

ここまではiPhone購入時に保険に入ったほうがいいですよって話でしたが、個人的には必要ないと思います。

昔と比べてみると、iPhoneの修理技術はかくだんと進歩していますし修理にだしている間も代替え機を用意してくれますし、店頭修理であっても画面割れ程度であれば20分以内に修理してくれるので、わざわざ保険をかける必要がないんです。

それよりもiPhoneカバーや強化ガラスを装着して普段から割れないように対策するだけで十分だと思います。

もしも画面が割れてしまったり水没してしまってもネットから申込できる修理サービスを利用して修理しましょう。

保証をかけるよりはトータルで支払うお金を大事にしておきましょう。

参考:iPhone割れを修理サービスに出すべきたった1つの理由

まとめ

iPhone6s/Plusが割れる前にしておきたいたった1つのコトは以上になります。

どーしても保険が必要ない方はiPhone購入後30日以内と期間が決まっているので、忘れずに申込みしておきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。

Return Top