webgonia

iPhone6s/Plusが割れにくくなったたった1つの理由

iPhone6s/Plusが割れにくくなったたった1つの理由

本当にiPhone6s/Plusは割れにくいの?

iPhone6s/Plusは画面割れが多くユーザーからのクレームがおおかった為にiPhoneのサイズをiPhone5sのサイズに戻し割れにくくなりました。

特におおかったのがiPhoneが曲がってしまうといった報告です。

スマホやiPhoneって普段はズボンのポケットに入れて携帯してますよね。

椅子に座った時に一緒に曲がってしまうなんてAppleからしたら想定外だったんでしょう。

発売当初は画面のサイズが大きくなったことに驚きと見やすくなったとの声がおおかったのですが、その一方で曲がった時に画面も割れてしまうといった事例が非常に多いんです。

さらに見やすくなった一方でサイズが大きすぎて片手では操作しづらくなってしまいました。

海外では、大きくて使いにくいのでiPhoneケースの裏に軽く握れるグリップをつけたiPhoneケースを3Dプリンターで製作して話題になりました。

iPhoneの大きさを皮肉ってますね。

特に女性の方だと男性よりも手が小さいので、片手で操作しているとそのまま落下させてしまい画面が割れてしまうといったことが増えてしまったのでiPhone6s/Plusではサイズの改善をはかったんですね。

最近ではiPhoneやスマホを操作時に固定するために小指を機種の下部に引っ付けて支える方法が健康被害があると噂になっています。

実はiPhoneって結構重たいんです。

そんなiPhoneを小指だけで支えようと思ったら、かなりの負荷がかかってしまい、結果指が曲がってしまうんです。

指が曲がってしまうなんて怖いですよね。

あなたの指は大丈夫ですか?

右と左手の小指を並べて見て、利き手の方がまがってしまっていると可能性があるので注意が必要です。

iPhoneを操作するときは左手で包むようにしっかり握って操作すると曲がることはないので気をつけましょう。

実はiPhoneってモデルによってかなりサイズ変更がされています。

iPhone5と6を比べると大きさと重さにかなりの違いがでているのでiPhone6を使っている方がiPhone5を持つとオモチャみたいに感じてしまいます。

iPhone6が大きすぎて使いにくいと思ってる場合はiPhone6s/Plusを検討してみるのもいいですね。

購入から2年がまだたっていない場合は違約金に注意してくださいね。

まとめ

iPhone6sが割れにくいたった1つの理由は以上になります。

iPhone6で割れてしまった経験がある方はこの機会に乗り換え考えてみて下さい。

最後までお読みいただきありがとうございます。

Return Top