webgonia

iPhone画面が割れて使い続けると危ない3つの注意点

iPhone画面が割れて使い続けると危ない3つの注意点

割れたままにしておくと危ない

iPhoneの画面が割れていても使い付けていませんか?それって実はとても危ないんです。

そのまま使い続ける危険性についてまとめました。

注意1|割れたガラスがささる

画面が割れたまま使い続けているとガラスの破片が指にささってしまうって事例がかなり報告されています。

それはそうですよね。

iPhoneの画面の素材は強化ガラスで出来ています。車のフロントガラスと同じで割れても飛び散らないようになっていますが、かえってそれが操作中の指にささりやすくなっています。

ささってしまったらピンセットで取り除かないと、かなり小さな破片なので危ないんです。

小さな割れで目立たないから目立たないからいいやと思い使い続けていると思わぬケガにつながるので注意しましょう。

注意2|漏電して死ぬ恐れもある

本当かどうかは定かではないですが、タイで充電中のiPhoneを握ってそのまま死亡するといったケースが報告されています。

そこまでいかなくてもiPhoneを握るとピリピリするといったコトがネットで報告されているので水没した後に電源が入るから普通に使えていても中では何があるかはわからないで注意しましょう。

注意3|見た目が良くない

iPhone画面が割れてしまっても全然気にしないってつわものツワモノがおられるようですが、ハッキリいって見た目がかなり悪いです。

常に携帯している持ち物ですから割れたままにしておくとそういう人なんだって思われたりだらしがないって感じられたりもします。

人格を否定されることはないでしょうが性格判断されないように割れてしまったら修理することをおすすめします。

割れたら修理にだそう

この3つのポイントからiPhone画面が割れてしまったり故障した場合はすぐに修理に出しましょう。

あらかじめ保証に入っていると保証期間内であれば無料で修理、もしくはリフレッシュ品と交換してくれるので、まずは保証にはいっているかを確認しましょう。

参考:iPhoneが割れたらアップルケアに加入しているか確認するたった1つの方法

保証に入っていなかった場合でも大丈夫です。

ネットで申込できる修理サービスなら予約していると店舗で即日、郵送であれば2、3日で修理してもらえ修理代も保証に入っているのと同じくらいでできます。

郵送の場合でも代替え機を用意してくれるので普段の生活に支障がでずに安心して修理してもらえます。

参考:iPhone割れを修理サービスに出すべきたった1つの理由

まとめ

iPhone画面が割れて使い続けると危ない3つの注意点は以上になります。

iPhoneが割れたり故障した時の危険性について確認してきましたが、放置したままにせずにすぐ対処していきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。

Return Top