webgonia

iPhone割れを修理サービスに出すべきたった1つの理由

iPhone割れを修理サービスに出すべきたった1つの理由

iPhoneを修理サービスに依頼する一番のポイントは圧倒的にお金と時間がお得なんです。

例えばiPhone 5Sをアップルストアやキャリア専用の修理業者に依頼すると¥37,584かかってしまいますけど、修理サービスに依頼すると3分の1以下に費用をおさえることができます。

しかし、修理費用だけiPhone修理サービス選んでしまうとトラブルも元になってしまうこともあります。

修理にだしたらいくらかかるの?

実は知らない人が多いのですが修理業者が使ってるガラスには「再生品」と呼ばれるガラスがあり。再生品は割れたガラスを集めて作られているのでiPhone液晶のガラス用としては品質がよくないガラスを使っているところもあります。

日常生活でiPhoneを使っていると、ガラスパネルはちょくせつ顔や手が触れる部分ですし毎日使うもので、どうしても気になってしまいます。

さらにアップルストアで修理を依頼すると混み具合にもよりますが、2時間程度かかってしまい郵送での修理であればデータを初期化されiPhoneを手放してから1週間ほど待つ必要があります。

各キャリアごとにお願いすれば代替機を貸し出してくれますが、データをうつすのも面倒だし代替機でLINEをしていてトラブルになったって話もあります。

こんなに修理に時間がかかると不便だし保証サポート外の修理になると最悪の場合は修理出来ずに配送料や時間を浪費してしまうことにもなりかねないです。

おすすめの修理サービスを利用すると、ネットから予約しておけば待ち時間なく対応してくれ、仕事の合間や買い物のついでにあずけておけば10~20分程度ですぐに使えます。

パスコードロックをかけておけばデータを見られることもなく修理後すぐに普段通りに使うことができますよ。

近くに修理サービスがないんだけど

どうしても近くに店舗がなければ、ネットから申込でき郵送後で3日以内に戻ってくるので、時間の短縮になります。さらに修理期間中はiPhoneの代替機も借りることが出来るので便利です。

でも気になるのが、直ったのにまた故障したらどうしようか心配になりますが、修理後3ヶ月間は修理箇所の不具合には無料で再修理もできるので安心できるので、割れた画面から逃れるためにもネットから修理サービスを申込んでみましょう。

まとめ

iPhone割れを修理サービスに出すべき2つの理由は以上になります。

iPhoneが割れてしまって落ち込みますが、早めに修理を依頼して普段通りの生活に戻ってくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございます。

Return Top