webgonia

ブラウザでJavascriptが動かない時にするたった1つの対処法

ブラウザでJavascriptが動かない時にするたった1つの対処法

プラウザでプレビューした時にJavaScriptがうまく動作しない時はブラウザでJavaScriptの読み込みが無効化されている場合があります。

単純な問題で終わらせられないのがこの問題、JavaScriptを無効化していると表示されないので有効化しましょう、各ブラウザの有効化の方法を紹介します。

ブラウザで有効化をされているか確認

ブラウザ有効化確認
GoogleクロームでJavaScriptを有効化

GoogleクロームJavaScript有効化設定Googleクロームを立ち上げてメニューバーの「設定」をクリックして「既定のブラウザメニュー」から「詳細設定を表示」を選択して「コンテンツの設定」を開きます。

GoogleクロームJavaScript有効化コンテンツ設定「コンテンツの設定」のダイアログボックスが表示されるので「全てのサイトでJavaScriptの実行を許可する」にチェックをいれて「完了を」選択します。

FirefoxでJavaScriptを有効化
FirefoxJavaScript有効化設定WebDeveloperツールを使用している場合はDeveloperメニューの「無効化」を選択して「JavaScriptを無効化」にチェックが入っているか確認してください
※チェックマークが入っている場合はJavaScriptが作動しません。

Developerツールを使用していない時は「検索バー」に「about:config」と入力するとプラグラムが表示されるので「javascript.enabled」の記述をダブルクリックさせ有効化させておきましょう。

これで解決しない時は以下の項目でJavaScriptが動かないので確認してください。

ブラウザ以外でのチェック項目

JavaScriptファイルコード記述ミス確認コードの記述まちがいの確認

HTMLでJavaScriptの命令文を記述するscriptタグで囲まれているかとコードの記述を確認しましょう、タグが誤っていたり()を閉じていないとシンタックスエラーが表示されます。

JavaScriptファイル読み込みを確認

サイトルート、フォルダの位置をもう一度チェックしてJavaScriptファイルが読み込まれているか確認しましょう、Dream Weaverで作業をしている場合はファイルが読み込めていないとソースコード横にファイル名が表示されないので注意してください。

 

ブラウザでJavascriptが動かない時にするたった1つの対処法は以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございます。

Return Top