webgonia

アフィリエイトでペナルティを受けないために知っておきたいルール

アフィリエイトでペナルティを受けないために知っておきたいルール

本人NGとかリスティングNGってなんだ?

アフィリエイトのプログラムよく目にする契約内容って結構見落としがちですよね。
例えば本人NGってのは自分のサイトに広告を貼ってそのリンクからプログラムを承認するのはダメですよってことなんです。

じゃあリスティングNGってなんでしょう。

覚えておきたいリスティングNG

一般的にリスティングは広告を検索サイトから購入して広告枠に表示させます。広告枠は検索結果のすぐ下のこの部分に表示されます。
リスティングここに広告を出すには入札額によって一番高い額を提示した人に貸し出されます。

例えばキーワードプランナーで「リスティング」を調べてみると1クリック当たりの入札額はだいたいこのくらいになります。
リスティング1

推奨入札単価なのでだいたいではありますが人気の広告枠ではクリック単価はこのくらいになり、契約をすることによって広告枠が貸し出されます。

リスティングNGは広告枠で集客して承認されたプラグラムでの報酬は支払いませんよという意味なので注意してください。

プログラムによってはリスティングOKやリスティング一部OKなども存在しますが、そこではリスティングNGキーワードが存在するので広告を出す場合には注意しなくてはいけません。この場合はリスティングしてもいいけどNGキーワードでの出稿はダメですよってことです。

基本的には違反があった場合は、アカウント取り消しや成果没収、強制退会になってしまいASPでのアフェリエイトプログラムが使えなくなってしまうので、知らなかったではすまされません。そのならないためにも規約や契約内容は確認しておきましょう。

過去の事例では無料申込で成果が発生するプログラムをサイトに貼り付け、架空情報を使ってリンクから本人申込を繰り返し強制退会になり報酬も全額返還請求を受けたり、刑事告訴を準備された例もあります。

このアフィリエイターは完全に悪意があった可能性が高いですが、そんなトラブルは避けたいですよね。

まとめ

成果情報や契約内容の条件を確認していないと、思わぬトラブルにあってしまうのでアフィリエイトプログラムの契約情報はよく確認して使っていきましょう。


知らないと怖い!アフィリエイトで本人NGとリスティングNGの意味は以上になります。
最後までお読みいただきありがとうございます。

Return Top