webgonia

フォトショップで写真を加工するなら覚えてほしいマスクの話

フォトショップで写真を加工するなら覚えてほしいマスクの話

画像の一部を非表示にしたり、写真を2つ重なり合わせて合成するときにはマスクを使います。

フォトショップでは「クリッピングマスク」「レイヤーマスク」「ベクトルマスク」があり、この3つのマスクを写真加工をスムーズにするために必ず覚えておきましょう。

クリッピングマスクで画像を切り取る

好きな形に画像を切り取りたい時にはクリッピングマスクを使用します。

「ファイル」→「新規」→で画像を配置できたら「描画ツール」で切り抜きたい図形を書いてみます。

フォトショップクリッピングマスク描画した図形をマスクをかけたいレイヤーの下に移動させて「右クリック」メニューから「クリッピングマスクを作成」を選択します。
フォトショップクリッピングマスク作成クリッピングマスクが適用されたレイヤーは右にインデントされて↓下矢印が表示されてこのレイヤーがクリッピングされていることがわかりやすくなります。
フォトショップクリッピングマスク作成後次は「レイヤーマスク」を確認していきましょう。

レイヤーマスクをかけて合成してみよう

2つの異なった画像を合成する時に使われるのがレイヤーマスクです。

この2枚の画像を使って合成してみましょう、左の画像が背景画像です。「ファイル」→「新規」→で画像を配置します。
レイヤーマスク画像このクッキーの画像のピンク部分に背景画像が入ります。
レイヤーマスククッキー画像のクッキー部分だけを選択範囲に指定できたら「レイヤーパネル」開いて「レイヤーマスクを追加」をクリックします。
レイヤーマスククッキーすると先ほどのピンクの部分にマスクが適用されてクッキーだけが背景画像の中に残すことができるので、あとは位置を調節することでレイヤーマスクを使用して合成することができます。
レイヤーマスククッキー完成最後にもう1つのマスク「ベクトルマスク」を確認しておきましょう。

ベクトルマスクで形をかえてみよう

ベクトルマスクが他のマスクと違う点は解像度に依存しないマスクで、ペンツールまたはシェイプツールで作成するところです。

「ファイル」→「新規」→で画像を配置したら「レイヤーパネル」で画像のロックを「Alt+ダブルクリック」で外しておきます。

さらに「メニュー」から「レイヤー」→「ベクトルマスク」→「すべての領域を表示」を選択します。

ベクトルマスク全ての領域を表示「カスタムシェイプツール」からハートを選択してマスクをかけたい部分に適用するとベクトルマスクが作成されます。ベクトルマスクハートベクトルマスクが適用されてハート型に画像を切り取ることができます。

フォトショップで使うマスクのまとめ

フォトショップで写真を加工するなら覚えてほしいマスクの話は以上になります。

はじめはなれないかもしれないですが、作業によってマスクを使い分けていってください。

フォトショップを操作方法を覚えたいんだけど高くて買えないって人には「無料でフォトショップをインストール」する方法も紹介しているので参考にしてください。

参考:フォトショップを無料でインストールするたった1つの方法

最後までお読みいただきありがとうございます。

Return Top