webgonia

フォトショップのマスク機能を使ったデザインテクニック

フォトショップのマスク機能を使ったデザインテクニック

フォトショップのマスク機能は大変便利なのですが、フォトショップはじめた頃はうまく使いこなせなくてイライラしてしまいますよね。

フォトショップのマスクの種類と使い方については以前の記事で紹介したので参考にしてください。

参考:フォトショップで写真を加工するなら覚えてほしいマスクの話

フォトショップのマスク機能を使ったデザインテクニックを3パターンまとめたので実際試してみてマスク機能に慣れておきましょう。

画像をフォントでクリッピングマスク

クリッピングマスクを使用して画像をフォントで切り取る方法です、下の画像が完成画像になります。

フォントクリッピングマスク完成

「ファイル」→「新規」→で画像を配置して「テキストツール」で文字を入力します、レイヤーパネルで重ね順を確認しておきましょう。

フォントクリッピングマスクレイヤーパネルで画像をテキストレイヤーを入れ替えたら「右クリック」して「クリッピングマスクを作成」を選択します。
フォントクリッピングマスク適用クリッピングマスクが適用されたレイヤーは右にインデントされて↓下矢印が表示されてこのレイヤーがクリッピングされていることがわかりやすくなります。
フォントクリッピングマスク切り取りあとは背景レイヤーに作成して色を選択すると完成です。

レイヤーマスクでポラロイド風写真

レイヤーマスクを使ったポラロイド風写真を作る方法です、下の画像が完成画像になります。

ポラロイド風レイヤーマスク完成メニューから「ファイル」→「新規」→で「背景」とポラロイドの背景となる「写真背景」、「写真枠」を「描画ツール」で用意しておきます。
ポラロイド風クリッピングマスクプラロイドの雰囲気をだすためにレイヤーパネルの「写真枠」にレイヤースタイル「光彩(内側)」を「写真背景」に「ドロップシャドウ」を追加しましょう。

写真枠
レイヤースタイル:光彩(内側) 描画モード:乗算 カラー:ブラック 不透明度:50%写真背景
レイヤースタイル:ドロップシャドウ 描画モード:乗算 不透明度:12% 距離:3px サイズ:6px

レイヤースタイルを適用させると境界線にメリハリができます。
ポラロイド風クリッピングマスクレイヤースタイルレイヤースタイルが適応できたらレイヤーパネルの写真枠レイヤーを「Ctrl+クリック」で選択範囲を表示させ「ファイル」→「配置」で画像を「写真枠」の上レイヤーにしておきます。

レイヤーパネルの画像レイヤーにカーソルを合わせて「レイヤーマスクを追加」をクリックすると画像が写真枠にマスクされます。

ポラロイド風クリッピングマスクレイヤー選択範囲写真枠と背景の間にテキストで文字を入れるとより雰囲気がでます。

レイヤーマスクで簡単に合成

レイヤーマスクで簡単に合成写真を作る方法です、下の画像が完成画像になります。

レイヤーマスク合成完成「ファイル」→「配置」で2枚の画像を配置して「レイヤーパネル」で男性の画像をレイヤーの上に置きます。

レイヤーマスク合成レイヤーパネルに画像を配置できたら「選択範囲ツール」で男性に選択範囲を作成してメニューの「選択範囲」→「選択範囲を反転」しておきます。レイヤーマスク合成選択範囲選択範囲を作成して反転できたら「レイヤーパネル」で2枚目の背景画像を上レイヤーに配置して「レイヤーマスクを追加」をクリックすると背景画像に隠れていた男性の切り抜きが現れます。

レイヤーマスク合成背景画像合成できたら「背景画像」にメニューから「フィルター」→「ぼかし」→「ぼかし(ガウス)」を軽くかけておくと雰囲気がでるので写真に応じてかけてみてください。

マスク機能を使ったデザインテクニックのまとめ

フォトショップのマスク機能を使ったデザインテクニックは以上になります。

はじめはなれないかもしれないですが、作業によってマスクを使い分けていってください。

フォトショップを操作方法を覚えたいんだけど高くて買えないって人には「無料でフォトショップをインストール」する方法も紹介しているので参考にしてください。

参考:フォトショップを無料でインストールするたった1つの方法

最後までお読みいただきありがとうございます。

Return Top