webgonia

フォトショップで写真を劣化させずに編集するたった1つの方法

フォトショップで写真を劣化させずに編集するたった1つの方法

フォトショップで写真を加工したり細かく修正を加えていると画像が劣化してしまいます。

なんで劣化してしまうのかというと、フォトショップでは「ラスター形式」と呼ばれるドットの集合体で画像が構成されているので、画像の拡大、縮小を繰り返しているとその度に色情報が更新されていくので劣化の原因となります。

ども安心してください、スマートオブジェクト画像データを変更にしておくと劣化を防ぐことができます。

はじめてのスマートオブジェクト

画像の劣化を防ぐ「スマートオブジェクト」への変換はかんたんにできるので覚えておきましょう。

「ファイル」→「開く」で画像を配置できたら「レイヤー」パネルを開きスマートオブジェクトに変換したいレイヤーを選択します。

フォトショップスマートオブジェクトレイヤーレイヤーが選択できたらマウスオーバーした状態で「右クリック」をすると、「メニュー」が表示されるので「スマートオブジェクトに変換」を選択します。
フォトショップスマートオブジェクト変換「スマートオブジェクトに変換」できたらレイヤーパネルに注目してください、選択したレイヤーのアイコンが変更されるのが確認できたらスマートオブジェクト化は完了です。
フォトショップスマートオブジェクト変換確認スマートオブジェクト化が完了したら試しに画像を拡大縮小をくりかえしてみてください。繰り返してもスマートオブジェクトに変換しているので画像が劣化することはなくなりました。
フォトショップスマートオブジェクト拡大縮小それだったら初めからスマートオブジェクトにしていたらいいのではと思うかもしれませんが、スマートオブジェクトも万能ではありません。

次にスマートオブジェクト化した画像を元の「ラスター形式」に戻す方法も合わせて確認しておきましょう。

色調補正する時は画像をラスタライズ

スマートオブジェクトは画像の劣化を防ぐことができますが、色調補正や画像の修正をすることができなくなってしまいます。

そんな時にはスマートオブジェクトを「ラスタライズ」して「ラスター形式」もどしましょう。

ラスター形式に戻す時はフォトショップのメニューから「レイヤー」→「スマートオブジェクト」→「ラスタライズ」を選択します。

フォトショップスマートオブジェクトラスタライズ「ラスタライズ」できたら画像のレイヤーを確認すると画像アイコンが元に戻せていたら完了です。
フォトショップスマートオブジェクトレイヤー画像の拡大縮小をする時はスマートオブジェクト化、色調補正や画像を編集する時はライタライズさせて作業内容に合わせて画像を変換させることを覚えておきましょう。

フォトショップを操作方法を覚えたいんだけど高くて買えないって人には「無料でフォトショップをインストール」する方法も紹介しているので参考にしてください。

参考:フォトショップを無料でインストールするたった1つの方法

フォトショップで写真を劣化させずに編集するたった1つの方法は以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございます。

Return Top