webgonia

WordPressでブログにJetpackを設定するたった1つの方法

WordPressでブログにJetpackを設定するたった1つの方法

Jet Packって便利ですよね?

ワードプレスのプラグインは用途によって使い分けインストールすることによってサイトに新しい機能を追加することもできるツールなのですが、Jet Packを導入するだけで全てを補えるマルチツールなプラグインです。

それは用途によって有効化できるモジュール機能を搭載しておりサイトをボリュームアップしてくれます。それでは機能とインストール方法を確認していきましょう。

Jet Packをインストール

まずはJet Packをインストールしていくので「プラグイン」から「新規追加」に進んでください。
「プラグインの検索」から「Jet Pack by WordPress.com」を入力して検索すると表示されるので「いますぐインストール」をクリックしましょう。
インストールできたらJet Packを「有効化」しましょう。
有効化ができたらWordPressアカウントと連携していきましょう。
「有効化」した後、バナーでメッセージが表示されるので「WordPress.comと連携」をクリックしてください。
Jet Pack連携画面が表示されるので「WordPressアカウント」と「パスワード」を入力して「Jet Packの認証」をクリックしてWordPressと連携させましょう。
Jet Packには36個のモジュールがパッケージされていて「有効化」することによって機能を使用できます。「認証後」ジャンプスタートを選択すると主要なモジュールを一括して有効化できるので選択しましょう。
次にどんなモジュールが搭載されているのか確認していきましょう。

ボタン1つで設定できるモジュール集

  • 集中管理|作成したサイトを一括管理
  • コンタクトフォーム|コメント、お問い合わせフォームの作成
  • カルーセル|投稿画像のフルスクリーン表示
  • Photon|サイトの高速化
  • 関連投稿|サイト内の関係がある記事を表示
  • Jetpackシングルサインオン|安全でセキュアなログイン機能
  • Beautiful Math|マークアップ言語
  • Gravatar ホバーカード|プロフィール情報カード
  • JSON API|コンテンツのアクセス管理
  • Jetpack コメント|複数のアカウントで使用できるコメントフォーム
  • Markdown|リッチテキストエディッタ
  • VideoPress|動画の埋め込み
  • WP.me 短縮リンク|短縮リンクの取得
  • WordPress.com 統計|シンプルなアクセス解析
  • いいね|WPアカウントでの「いいね」ボタンを設置
  • ウィジェット表示管理|ウィジェット表示管理
  • カスタム CSS|カスタム CSS エディタ
  • カスタム投稿タイプ|投稿のカスタム
  • サイトアイコン|サイトアイコンの設定
  • サイト認証|外部サービスでのサイト認証
  • ショートコード埋め込み|外部ファイルの埋め込み
  • スペルと文法|スペルチェックと校正
  • タイルギャラリー|画像のモザイクレイアウト表示
  • パブリサイズ|SNS連携して自動投稿
  • プロテクト|セキュリティ機能
  • メール投稿|メール投稿機能
  • モニター|サイトのモニタリング
  • モバイルテーマ|モバイル対応のテーマ変更
  • 一括検索|検索結果の表示
  • 共有|共有ボタンの設置
  • 拡張配信|検索エンジンと自動共有
  • 無限スクロール|制限なくスクロール(非対応テーマを除く)
  • 購読|読者へのメール通知
  • 追加サイドバーウィジェット|SNS連携への追加ウィジット
  • 通知|他ユーザとの交流機能
  • VaultPress|有料のセキュリティ機能

驚異的な量のモジュールをJet Packプラグインのインストールだけでてにはいるので間違いなくこのプラグインを導入しましょう。


ワードプレスでJetPackを設定するたった1つの方法は以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございます。

Return Top