webgonia

WordPressでブログのリンク属性を設定するたった1つの方法

WordPressでブログのリンク属性を設定するたった1つの方法

アナタのブログリンクは大丈夫?

ブログ記事でリンクがあるごとにrel=”nofollow”を記述してSEO被リンク対策を手動でしていいませんか。WP External Linksはリンクがある度に自動でNo Follow属性を自動で記述してくれる優れたプラグインです。

相互リンクでFollowする場合は設定でリンクを貼り付けるだけの手軽さなので、SEO対策としてこのプラグインのインストールをおすすめします。

ではインストール方法から始めて行きましょう。

WP External Linksをインストール

まずはWP External Linksをインストールしていくので「プラグイン」から「新規追加」に進んでください。
「プラグインの検索」から「WP External Links」を入力して検索すると表示されるので「いますぐインストール」をクリックしましょう。
インストールできたらWP External Linksを「有効化」しましょう。
インストールが完了したら設定を確認していきましょう。

リンク属性を設定しよう

管理画面から「External Links」項目があるのでクリックして設定をしていきましょう。
WP External Links画面が表示されるので”Open external Links in”で外部リンクをどうやって開くかを決めていきます。SEO的に外部リンクは別ウインドウで開きたいので”New window or tab(_blank)”にチェックをいれて”Apply plugin settings on”に移りましょう。nofollowは記事のリンクに記述したいので”Post contents”にチェックをいれましょう。”Ignore links (URL) containing”ではnofollowをしたくないリンクを赤枠に記述して設定が終わったら「変更を保存」しましょう。
次に”SEO Settings”から”add to rel -attribute”項目で”Add nofollow”と”Add external”にチェックを入れて「変更を保存」しましょう。
“Style Settings”ではリンクにアイコンをつけるかを設定できるので付ける場合は好みのアイコンを設定して「変更を保存」しましょう。
最後にWP External Links設定をメニューのどこに置くかを変更できます。デフォルトだと管理画面におかれているので変更する場合は”Admin menu position”から選択して「変更を保存」します。
WP External Linksの設定が完了しました。Nofollowリンクの確認方法については別記事で紹介しているので参考にしてください。

参考:これだけは知っておきたいSEOに重要なNofollow属性


ブログに重要なリンク属性をワードプレスで設定する方法は以上になります。
最後までお読みいただきありがとうございます。

Return Top