webgonia

WordPressでブログの見出しが読まれやすくなるプラグイン

WordPressでブログの見出しが読まれやすくなるプラグイン

目次をあると読みやすいね

ブログ記事を読むときに見出しをつけるのは当たり前ですが、見出しの目次があるとどんな記事を書いてあるかがひと目でわかり読みやすいですよね。

ワードプレスのプラグインTable of Contentsをインストルすれば記事の任意の場所に目次一覧を生成してくれてかなり便利です。

さらに目次の見出しに自動でリンクを貼ってくれるので文章が多い記事ではユーザーが目次をクリックだけで読みたい見出しまで自動でスクロールしてくれます。

それでは、インストールから始めて行きましょう。

Table of Contentsをインストール

それではTable of Contents Plusをインストールしていくので「プラグイン」から「新規追加」に進んでください。
「プラグインの検索」からTable of Contents Plusを入力して検索すると表示されるので「いますぐインストール」をクリックしましょう。
インストールできたらTable of Contents Plusを「有効化」しましょう。
有効化ができたら設定にしていきましょう。

目次の設定をしてみよう

“ダッシュボード”から「設定」を選択して「TOC+」をクリックして設定を進めていきましょう。
Table of Contents Plusの設定画面が表示されると「Main Options」をクリックすると詳細の変更画面が表示されるのでカスタマイズしていきましょう。
Table of Contents Plusの設定画面が表示されるのでカスタマイズしていきましょう。

見やすいようにカスタマイズ

カスタマイズする前にこの記事で目次はタイトルの下にこう表示されます。カスタマイズはこの目次を参考にして説明していきますで

目次6

「Main Options」をクリックして設定を変更を確認していきましょう。

  • Position|目次を表示する位置
  • Show when|いくつ見出しがあれば表示されるかの設定
  • Auto insert for the following contents types|自動で目次を生成する場所
  • Heading text|目次のタイトル
  • Show hierarchy|目次の階層表示
  • Number list items|数字入りのリストで表示
  • Enable smooth scroll effect|スクロールの選択

記事に目次を表示したいので”Auto insert for the following contents types”の”Post”にチェックを入れ、数字入りリスト表示の”Number list items”と目次を階層表示できる”Show hierarchy”はオフにしています。
そのまま下にスクロールして”Appearance”では特に変更はしてないのですが、”Presentation”で表示スタイルの変更ができるので気いったものがあれば変えてみてください。

  • Width|目次の横幅サイズ
  • Wrapping|目次のフロート
  • Font size|フォントサイズ
  • Presentation|目次のスタイル

次に「Sitemap」をクリックして設定していきましょう。
“Sitemap”が表示されたら設定を確認していきましょう。

  • Show page listing|ページリスト
  • Show category listing|カテゴリーリスト
  • Heading type|目次にする見出しの指定
  • Pages label|ページのラベル
  • Categories label|カテゴリーのラベル

“Sitemap”で変更してほしいのが”Heading type”です。これは見出しのどのHタグを基準にしていくかの設定で、WebgoniaではH3、H4,H5の順番で見出しをつけていいますが、目次を階層化しているとここで設定した見出しを基準に階層が組まれます。
すべて設定が完了したら「Update Opition」をクリックして設定を保存しましょう。


ブログに目次をつけるたった1つのワードプレスプラグインは以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございます。

Return Top