webgonia

RankBrain導入でSEOは必要なくなるんじゃないの

RankBrain導入でSEOは必要なくなるんじゃないの

またまたGoogleがSEO的に大事ことを追加してきましたね。

それがGoogleでは検索アルゴリズムに人工知能を組み込んだ「Rank Brain」が検索結果の優先順位が決まる上で重要になることを発表しました。

このRank Brainは日本でもすでに導入済で、今までのアルゴリズムに比べて人が直接サイトを閲覧して価値を評価する状態に近づけることができるようになっていくと言われています。

Rank BrainでSEOは必要じゃなくなるの

「SEOはなくなるの?」といっても今すぐに変わるわけではありません。

今までの検索では「キーワード」が含まれている結果を表示していたが、コレに加えて「関連性のあるワード」でも上位表示されるようになっていきます。

例えば、「木村拓哉」で検索したとして、これまでならこのキーワードが含まれているページが表示されていましたが、「SMAP」や「中居正広」「香取慎吾」「草彅剛」「稲垣吾郎」といった関連のワードでも上位表示されるということです。

キーワードよりサイトの質が特に重要になっていくのでブラックSEOは役に立たなくなっていきます。

参考:ブログでブラックハットSEOが危険なたった1つの理由

目視に近い状態で検索をチェックしていくのですが、「まだ、一番大事だよ‥」ってわけじゃなく、これからのSEO対策で重要な優先順位はこうなっていくと予想されます。

  1. Googleページランク
  2. 良質なコンテンツ
  3. Rank Brain

では、どうしていけばいいのってなりますよね。

ホワイトSEOを意識しよう

ホワイトSEOを意識することによってブログの力は高まっていきます。その中で重要なのはおおまかに見て以下の2つのポイントに注目してください。

ポイント1|良質なコンテンツを作ろう

良質なコンテンツを図るポイントは読者が知りたい情報を提供しているかが大事になっていきます。

ポイント2|内部リンクを意識しよう

外部リンクばかりをつけていては悪質で中身のないサイトといった評価を受けやすくなるので、リンクは内部リンクでまとめることを覚えておきましょう。

まとめ

RankBrain導入でSEOは必要なくなるんじゃないのは以上になります。

良質なコンテンツが評価されていくということは、今までブラックSEOで違法な被リンクを得たり内容が薄いのに上位表示されているサイトが淘汰されたいくので、着実に重ねていく努力が報われていくので、今までどおりにブログの力を高めていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。

Return Top