webgonia

Amazonプライムビデオでソウ全作品をまとめて見放題

Amazonプライムビデオでソウ全作品をまとめて見放題

怖いのに観るのをやめれない

地元の名士で何不自由なく暮らしていたジョン・クレイマーだったが妻の流産や不慮の事故をきっかけにシリアルキラー「ジグソウ」となり被害者に「ゲーム」と称する様々な生死を賭けた殺人儀式をかしていく低予算ながら視聴者の意表をついて翻弄する技巧的なストーリー展開で好評を博した。

ソウ1ストーリー

ソウ

老朽化したバスルームで目覚めた2人の男、ゴードンとアダム。それぞれ足首に鎖をはめられている。2人の間には自殺死体テープ・レコーダー、“再生せよ”と書かれたテープ、一発の弾、タバコ2本、着信専用携帯電話、そして2本のノコギリ。

耳障りな秒針の音と共に告げられたのは、「6時間以内に相手を殺すか、2人とも死ぬか」だった―。逃げる方法はある。その【正解】に届いた瞬間、想像を絶する選択とは!?

ソウ2ストーリー

ソウ2

目覚めたら出口の無い館に閉じ込められていた8人。ジグソウの囚人たちが新しいゲームに臨んでいた。ゲーム開始と共に遅効性の毒ガスが館内をめぐっていく。

2時間以内にゲームに勝ち、解毒剤入り注射器を手に入れないと死んでしまう。8人は注射器を手に入れられるのか?一方、刑事エリックはジグソウを捕まえる。ジグソウは動揺もせず、エリックと二人で話すことを要求。なんと、エリックの息子はジグソウに監禁されていた。

ソウ3ストーリー

ソウ3

息子を交通事故で亡くしたジェフは、目覚めると食肉工場の地下室にいた。扉を開けると、鎖につながれた3人の男女。貯蔵庫には、息子を飲酒運転でひき殺した男。

解体場には、犯人に軽罪しか与えなかった判事。冷凍室には、ひき逃げを目撃しながら証言しなかった女。・・俺は、息子を殺した人間たちを処刑するのか?

ソウ4ストーリー

ソウ4

ジグソウと弟子アマンダは死んだ。ジグソウ最後のゲーム現場でパズルを解こうと奮闘するホフマン刑事。

ケリー刑事殺害のニュースを聞いたFBIからストラム捜査官とペレス捜査官も駆けつける。しかしその頃、ジグソウに関わって唯一生き残っていたSWATのリッグ刑事が、新たなゲームに強制参加させられていた。

与えられた時間は90分。すべての罠をクリアして旧友を救うことが出来るのか、それとも地獄の結末を迎えるのか―。

ソウ5ストーリー

ソウ5

九死に一生を得て助かったFBI捜査官ストラムは、傷一つ負わずにゲームから生き残ったホフマン刑事こそジグソウの後継者ではないかと疑う。

一方、ジグソウ生前に弁護士に預けられた遺言と、遺品を見て衝撃に襲われるジグゾウの元妻、ジル。そして、コンクリートの床の上で5人の男女が目覚めると、犬の首輪に繋がれ、V字型の大きな刃がセットされていた・・・。新しいゲームの仕掛け人は、果たして誰なのか?

ソウ6ストーリー

ソウ6

FBI捜査官ストラムが死体となって見つかる。指紋が残されていたことなどから、ジグソウの後継者はストラムではないか、と言われ、後継者へと引き継がれてきたジグソウの事件は終わったかに見えた。

しかし、ストラムの上役だったFBI捜査官エリクソンは、世間のそうした風評に疑問を抱き、ホフマン刑事に近づく。折から、新しいゲームが始まった。ジグソウの壮大なる野望がいま、あきらかに

ソウ・ザ・ファイナルストーリー

ソウザファイナル

ジグソウのゲームを生き残ったボビー・デイゲン。彼はマスメディアに取り上げられ現代のアイコンとして脚光を浴び、彼のもとにはゲームのサヴァイヴァーたちが群れ集う。

しかし、ボビーの過去にはメディアも知らない秘密があった。その秘密が呪われたゲームを引き寄せる・・・。一方、ホフマン刑事VSジルの争いは骨肉相食む後継者争いとなっていた・・・。ゲームの終焉は来た!「ゲームオ―バー」を最後に言うのは誰なのか?!

ソウをまとめて観るならプライムビデオで

Amazonプライムビデオ プライムビデオだったらソウ全編まとめて一気に見放題で楽しむことができます。

→30日間無料で「Amazonプライム・ビデオ」を試してみるならこちらから

Amazonでよくショッピングするといったアナタなら翌日や時間指定ができる「お急ぎ便」や不定期で開催される「タイムセール」に30分早く入場できるVIP特典で利用できます。

さらにKindle端末を持っているなら毎月本が1冊無料になる「オーナーズライブラリー」がお得とアマゾンプライム会員ならではの特典が満載です。

Kindleを持っていな時はプライム会員になっていると本、動画共に楽しめるKindle Fireが特別価格で購入できるのでおすすめですよ。

恐怖ソウ全作品をまとめて観るならプライムビデオがお得は以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございます。

Return Top