webgonia

検索エンジンに登録してサイトが上位検索されやすくなるたった1つの方法

検索エンジンに登録してサイトが上位検索されやすくなるたった1つの方法

検索エンジンでは世界中のWebサイトをクローラーが巡回しながら役立つ情報を集めてきてキーワードごとに検索結果に表示させていますが、とくに新しく作ったサイトはなかなかインデックスされません。

正当な評価を受けるためにサイトを検索エンジンに登録する必要があります。

以前ではYahoo!、Bingなどの検索エンジンにも登録しておく方がよかったのですが、今ではGoogleに登録しておくことが標準になっています。

ここでは検索エンジンの登録と記事を更新した時にインデックスを速める方法を紹介しているので参考にしてください。

Google検索エンジンの登録方法

サイト運営で記事のインデックスを早めたりアクセス解析から集客力のあるキーワードを手軽に見ることのできるのがSearch Console(サーチコンソール)ツールです。

Google Search Consoleを使うとGoogleでのサイトのパフォーマンスが管理できます。もちろん無料なのでサイトを作成したら設定するようにしおけばサイトにエラーが起きた時は知らせてくれ、記事を作成した時はこちらからGoogleに知らせることが出来記事が検索結果に早く表示させる事ができるメリットがあります。

Google Search Consoleの設定方法

「Google Search Console」にアクセスして追加したいサイトのURLを記入して「サイトを追加」をクリックします。

※以前はサイトをウェブマスターツールに登録していましたが、2015年から名称がSearch Consoleに変更されました、説明画像にウェブマスターツールの名前がでてきますがSearch Consoleのことだとご理解ください。

「サイトの追加」が終わったら、このサイトは誰のものなのかを確認するため所有権の設定をしましょう。

所有権の確認の仕方でおすすめなのはHTMLファイルをサイトにアップロードする方法なのでどんな作業が必要なのか見て行きましょう。

「この HTML 確認ファイル」をクリックして確認ファイルをダウンロードしてFTPソフトを使用して確認ファイルをサーバーにアップロードしましょう。少し難しく感じるかもしれませんが作業方法を記載しておくので参考にしてください。

FTPソフトのダウンロードと設定方法については別の記事で紹介しているので作業が始めての方は確認しておきましょう。

参考:FTPソフトのダウンロードと設定方法はこちらから
FTPソフトでサーバーにアクセスしてSearch Consoleを設定したいサイトをクリックすると下記のファイルが表示されます。

ここから「public_html」フォルダを確認したらフォルダを開いて先程ダウンロードしておいた「HTML確認ファイル」をフォルダにファイルをドラッグして挿入してください。

この作業が終わったらFTPソフトから離れてSearch Console設定画面に戻り「確認」をクリックしてください。
サイトの所有権が確認されたら「続行」をクリックして完了です。
サイトが追加されたのを確認できたらSearch Consoleの設定は完了しました。

サイトに埋め込む場合

サイト内にコードを埋め込んでSearch Console登録することもできます、その場合はSearch Consoleにアクセスしてサイトを追加したあと「別の方法」を選択して「HTMLタグ」のボックスにチェックをいれてコードを表示させましょう。

searchconsoleコード

このコードをサイトに埋め込み「確認」を選択すると所有権の確認ができ登録できます。

記事のインデックスを速める方法

サイトをとくにWordPressで立ち上げた初期段階では検索結果になかなか反映されないんですよ。

特にトレンド記事を書いて投稿したのに検索結果に反映されるのが遅かったら流れをのがしてしまいますよね。

「じゃあどうしたらいいのか?・・」

そんな時はこちらから記事を投稿したことを検索エンジンに知らせてあげましょう。

Search ConsoleのFetch as Google(フェッチアズグーグル)を使用すると新しく投稿した記事を検索結果に早く表示してもらえます。

もともとGoogleではGooglebot(グーグルボット)というロボットが常時サイト内を巡回しておりインデックス作業をしていますが膨大な量の情報が更新されていくので忙しく動きまわっています。

Fetch as Googleを使用するとこちらからGooglebotに対して記事が更新されたのでインデックスしてくださいと指示することのできる機能なので是非、活用していきましょう。

Fetch as Googleの設定方法

Search Consoleにアクセスして「クロール」から「Fetch as Google」を選択します。
fetchasgoole1 Fetch as Google画面を表示させたら更新した記事のURL入力かコピペして「取得」を選択します

取得後が完了すると「インデックスに送信」を選択します。

※画像と違う表示が出る場合はスペルが間違えているか/(スラッシュ)の位置が違う場合があるので確認しましょう。

「このURLのみをクロールする」にチェックを入れ「送信」をクリックしてインデックスの指示を送信します。
ステータスが「完了」になればインデックスの送信は完了です。

これでこのURLがGooglebotによってクロールされてインデックスを速めてくれます、では実際インデックスされたかを確かめる方法を確認します。

インデックスの確認方法

Google検索結果への表示速度はサイトのパワーによって変わってきます、サイトのパワーが強ければ記事を投稿したと同時に表示されます。

登録の初期段階ではサイトが強くなっていくに従ってこの速度は変化していくのでFatch as Googleで取得したらどのくらい時間で表示されていくかを測定してみてください。

インデックスの確認方法はGoogle検索に「site:サイトのURL」を入力して「検索」を選択すると結果が表示されます。

まだインデクッスされていない状態であれば「site:http://webgonia.com/fetchasgoogle/に一致する情報は見つかりませんでした」と表示され、インデックスされていないことがわかります。
時間をおいてもう一度確認すると検索結果にタイトルが表示されるのでインデックスされていることを確認することができます。

このようにサイトを作り始めて、まだサイトの力が弱い場合には記事を投稿したらFatch as Googleでインデックス速度をあげる方法を覚えておいてサイトを登録しておきましょう。

 

検索エンジンに登録してサイトが上位検索されやすくなるたった1つの方法は以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございます。

Return Top