webgonia

ブログでブラックハットSEOが危険なたった1つの理由

ブログでブラックハットSEOが危険なたった1つの理由

No more ブラックハットSEO!

アナタのブログは知らない内にブラックハットSEOで運営されていませんか?

ブラックハットSEOとは他のサイトから検索順位を押しあげたいサイトへリンクを送ることにより、送られたサイトの順位が上位にあがる方法です。この方法は他サイトからの被リンクの数を重要視しており、サイトのコンテンツが内容のないものだったりするとペナルティを受けて結局のところ検索順位が圏外に落ちてしまう可能性があります。

ブラックハットSEOの種類

長期的に検索順位を維持するための対策としてはホワイトハットSEOを理解して運営していくことが不可欠になるので、ここで紹介するブラックハットSEOの種類はSEOを理解するための参考にしてください。

隠しリンクとテキスト

隠しリンクとテキストは背景色が白のサイトに同色のテキストを使用し見えなくしたり、テキストを画像の背後に置きリンクを押させる行為です。この行為がすべて悪いわけではないのですが検索エンジンからは偽装行為とみなされる可能性が高いです。

コメントスパム

アクセスの集まっているブログのコメント欄に広告やリンクを貼り順位をあげたいサイトに被リンクをおくる手法で、手動でおこなうが自動で生成する場合もある。

キーワードスタッフィング

キーワードを必要以上に詰め込んだ文章表現を使ったり、記事には見えないタイトルや画像の属性にキーワード詰め込む手法。

ワードサラダ

ワードサラダとはツールで自動生成した意味をなさない文章で、文法的にはまちがってはいないのですが人が読むと明らかにおかしい記事の名称です。

クローキング

ホワイトハットSEOはサイト内の記事同士をリンクさせた内部リンクを強めて検索順位を上げていく方法で、コンテンツの質が重要視されてきます。

サテライトサイト

サテライトサイトとはサイトに誘導するためだけに作られたサイトで検索エンジンからみたら価値の無いサイトみなされてしまいますが、サテライトサイト自体に価値のある内容を提供しておりメインサイトを支援する形で制作されている場合はブラックではないので”サテライトサイト=価値がない”という認識は持たないでください。

まとめ

ブログでブラックハットSEOが危険なたった1つの理由は以上になります。

何でも復唱しますがSEO対策はホワイトハットSEOでうんえいしていくようにしてください。ただ、どんなサイト運営がSEOに良くないかをこの記事で確認して、対策に力を入れていただければと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

Return Top