webgonia

ワーキングホリデーや留学から帰ったら確認したい3つの税金

ワーキングホリデーや留学から帰ったら確認したい3つの税金

楽しかった留学から帰国した瞬間から日本人として日本に住むために払わなければいけない税金が待ち構えています。

そんな時に慌ててしまわないように支払わなければいけない税金と減免、免除の方法を紹介しているので参考にしましょう。

日本人が支払わないといけない3つの税金

国民年金健康保険市県民税国民年金

収入の減少や失業した時に保険料の支払いが負担になる場合には、保険料の減額、免除の手続きますることができます。

国民年金第1号の被保険者は、毎月の保険料を納めていただく必要があります。しかしながら、所得が少ないなど、保険料を納めることが難しい場合もあります。
そのような場合は、未納のままにしないで、「国民年金保険料免除・納付猶予制度」の手続きを行ってください。
保険料免除や納付猶予になった期間は、年金の受給資格期間(25年間)には算入されます。
ただし、年金額を計算するときは、保険料免除は保険料を納めた時に比べて2分の1(平成21年3月までの免除期間は3分の1)になります。※納付猶予になった期間は年金額には反映しません。

「国民年金機構」から引用

留学から帰ってきたばかりであれば失業者と同等の扱いになるので申請しておきましょう、国民年金の減税、免除について詳しく知りたいならお住まいの地域の区役所に問い合わせてください。

国民健康保険

海外生活をしていると歯医者などの医療費の負担がおおいのでなかなか行けないですよね、帰国後は気になっていたトコロを治したいんですが保険に加入いないと医療費は全額負担しなければなりません。

すぐ就職する場合でも病院に通うなら国民健康保険に加入しておきましょう。

でも保険料が高くて全額負担した方がいいのでなないかと思うかもしれませんが、国民年金と同じように収入の減少や失業中は保険料を減額してもらえます。

その時に重要になるのでが前年度の収入ですが、留学期間が長ければ前年所得は0かほとんどない状態なので最低金額の保険料を支払うことで加入することができます。

国民健康保険料の減税について詳しく知りたいならお住まいの地域の区役所に問い合わせてください。

市県民税

住んでいる地域によって異なりますが日本に住んでいるなら市県税を納税する義務があります。

市県民税は人によって納税額が異なり前年度の所得に応じて算出させるので、留学期間が長い場合は前年所得が低いので減税の対象となるので申請しておきましょう。

市県民税の減税、免除について詳しく知りたいならお住まいの地域の区役所に問い合わせてください。

バイトするくらいなら求職者支援を利用しよう

求職者支援雇用保険全ての税金を減税、減免したとしても収入が低ければ支払いが苦しくなりますよね?

そんな時はハローワークが実施している求職者支援を利用してスキルをつけながら雇用保険(失業者保険)をかしこく受け取ることができます。

都道府県や月によって実施している講座には違いがありますが、講座数も豊富にあり県をまたいでの受講も可能なのでアナタにあったスキルをつけることができます。

詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

参考:求職者支援でスキルをつけながら雇用保険を賢く受け取る方法

早期就職するなら転職サイトを利用しよう

転職サイト留学で身につけた英語力を忘れないためにすぐに就職したいって考えているならリアルな就職情報も知ることのできる「転職サイト」に登録することをおすすめします。

留学してたとしても日本ではどうしてもブランクがあるとみなされてしまいます、そんな時に役立つ転職サイトを3つ厳選して紹介しているので参考にしましょう。

1.リクナビNEXT

リクナビNEXT転職するなら必ず登録しておきたいのが大手サイトの「リクナビネクスト」

転職のノウハウやお役立ちコンテンツが豊富で、履歴書を登録しておくと便利な「スカウト機能」も利用できます、地方求人もカバーされているのでアナタの転職に役立ちます。

2.JAIC|ジェイック

ジェイック20代の既卒やフリーター向け転職サイトは「ジェイック」

就活ノウハウやビジネスマナー、仕事に対する考え方など、就職してから困らない社会人の基礎をすべて無料でフォローしてくれます。

3.Switch.|スイッチ

Switch.フェイスブック限定で企業からのヘッドハンティングが受けられるのが「Switch.」

Facebookだと誰かに知られちゃうんじゃないのって不安があると思いますが、誰にも知られる事無く無料で気軽に転職活動ができちゃいます。さらに採用が決定するとAmazonギフト券 10,000円分のお祝いも受け取ることができます。

3つの税金まとめ

ワーキングホリデーや留学から帰ったら確認したい3つの税金は以上になります。

楽しかった留学期間ですが帰国してからはいきなり現実をつきつけられるので、あわてずに状況を整理して次にコトを考えるようにしていきましょうね。

最後までお読みいただきありがとうございます。

Return Top