webgonia

iPhone割れたら考えたい携帯代を安くするたった1つの方法

iPhone割れたら考えたい携帯代を安くするたった1つの方法

携帯代が高すぎませんか?

iPhoneが割れたら携帯代を抑えるチャンスなので、なんと2年間で10万円もお得にためられることができます。

それよりも割れたiPhoneを直したいだけどって方は、まず保証を確認してみましょう。

参考:iPhoneが割れたらアップルケアに加入しているか確認するたった1つの方法

考えてみてほしいんですが、iPhoneってめっちくちゃ高いんですよ。

基本的にキャリアで申込まないといけないのですが、本体価格は10万円前後します。

たくみな割引や契約料金で購入しても0円だと思わせられますけど、実際は分割して買っているだけなのです。

それ以前に携帯代で毎月決まっているので、支出でいうと固定費になります。

プランにもよりますが、携帯代って月に10,000円程度だとしたら年間で12万円払い続けていることになります。

2年間は解約違約金が発生するのでしぶしぶ契約してますが2年間で24万円は確実にとんでいく計算になります。

いつも思うんですが、高くないですか?

トラブルに合った時が買い替えどき

iPhoneが割れてしまった時は、携帯代を見直してほしいんです。

最近では、格安スマホがでて携帯代は大幅に抑えることができるようになりました。

2年間で10万円も携帯代を抑えることのできるスマホサービスや月々756円って破格の値段のスマホもあります。

そんな格安スマホとくらべてみると2年間では16万円も節約することができます。

年間80,000円ってデカイですよね。

毎年、沖縄旅行に行ってもお釣りが帰ってきます。

格安スマホ以外にもソフトバンクに乗り換えをネットから申込と最大で50,000円もキャッシュバックしてくれるサービスもあります。

かなりでかいですよね。

こういった理由からiPhoneが壊れた時は、携帯代を見直すことを強くおすすめします。

さらに格安スマホに乗り換えたとして、手元に残っている割れたiPhoneも高額で買い取ってもらえます。

各キャリアは機種変更や乗り換えの時は、下取り割という、買い取りプログラムがあります。

しかし、どこも良品のみで割れてしまったiPhoneは、もちろん下取りすることはできないんです。

でも安心してください。

ネットから申込できる買い取りサービスを利用すると、割れてしまったり故障しているiPhoneもかいとってもらうことができます。

iPhoneのモデルや状態を入力するだけで買い取り額がわかりますし、最低保証額も教えてくれるので便利ですよ。

ご利用されることをおすすめします。

まとめ

iPhoneが割れたら考えたい携帯代を安くするたった1つの方法は以上になります。

iPhoneが割れた時は、携帯代を見直すタイミングなので、お得にお金を節約しましょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。

Return Top