webgonia

ネットショップで使う写真をフォトショップで補正する方法

ネットショップで使う写真をフォトショップで補正する方法

個人でヤフオクに出品したりネットショップの商品を撮影したらそのままアップするのではなく少し加工するだけで格段に見やすくなります。

ネットショップで商品を見やすくするためにフォトショップで補正テクニックを覚えておくとユーザーも見やすくなり購入の手助けになるので実践していきましょう。

ネットショップの写真補正5つのテクニック

ネットショップの商品画像としてアップする前にこれだけはしておきたい5つのテクニックを紹介するので実践してみてください。

1.写真を水平にしておこう

例えばこの写真、人物にスポットがあたっているので海の水平線がが斜めになっていますね、このままでもいいのですが水平線をまっすぐすることによって見やすくなります。
フォトショップ写真補正水平線「ものさしツール」を選択して水平線をなぞってください、失敗してしまった時は「クリア」をクリックすると戻るので何度でもチャレンジしてください。

フォトショップ写真補正ものさし角度がきまったら「角度補正」を選択すると水平線がまっすぐになりましたね。

フォトショップ写真補正ものさし修正後次に写真に必要な部分だけ切り取る方法を確認していきましょう。

2.不要なものは切り取ってしまおう

必要な部分を切り取ることをトリミングといいます「切り取りツール」を選択して切り取りたい境域に範囲選択します。
フォトショップ写真補正切り取り選択できたらメニュー右上の○をクリックすると選択した領域を切り取れます。フォトショップ写真補正切り取り済み次に写真に不要なゴミや見せたくないものを修正する方法を確認します。

3.気になるところは修正しよう

画像に必要なのない領域やゴミなど取り除くために修正ツールをつかってキレイにしてきましょう、修正によって必要な作業が異なるので作業効率も考えながら使用していきましょう。

選択範囲を指定してコンテツに応じる

選択範囲ツールを使用して不要な領域を囲います、ここでは「なげなわツール」をつかって選択範囲を指定しています。

フォトショップ写真補正選択範囲選択範囲を指定したら右クリックして「塗りつぶし」→「コンテンツに応じる」を選択すると選択範囲から不要な領域を背景に合わせて取り除くことが出来ます。フォトショップ写真補正選択範囲修正後では次に不要なゴミを取り除く方法を確認します。

スポット修正ツール

ゴミやシミなどを取り除きたい時は「スポット修正ツール」を使用します、赤丸で囲った部分をツールでクリックして修正してみます。
フォトショップ写真補正スポット修正ツール「スポット修正ツール」をクリックすると不要なゴミを取り除くことができます。フォトショップ写真補正スポット修正ツール修正後「スポット修正ツール」以外にも「コピースタンプツール」で選択した範囲をコピーして塗りつぶすこともできます。

コピースタンプツール

赤丸で囲った部分を消したい時は「コピースタンプツール」で背景を「Alt+クリック」するとは選択した範囲がコピーされるのでブラシの要領で塗りつぶしていきます。

フォトショップ写真補正ツールコピースタンプツール修正後塗つぶすと背景と同じになりキレイに消すことができます。フォトショップ写真補正ツールコピースタンプツールここまでは修正方法を確認しました、この作業が終わったら次に画像の明るさを補正していきます。

4.商品の見栄えは補正次第

画像の明るさを補正することで商品の印象がよくなり購買意欲もたかります、画像の補正はメニューからもできますが、のちのち変更することも考えてレイヤーパネルから「調整レイヤー」で変更していきます。

レベル補正

画像が暗いと印象が悪いので「レイヤーパネル」から「塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成」をクリックして「レベル補正」を選択します。

フォトショップ写真補正レベル補正「レベル補正」を選択すると赤枠のヒストグラムが表示され画像の明暗がわかりやすくなります。

ヒストグラム下の右スライダーを左にスライドさせると明るくなり、左スライダーを右にスライドさせると暗くなるので画像に合わせて補正していきます。

補正できたら左下の赤枠にある矢印ボタンをクリックすると完了です。

フォトショップ写真補正レベル補正後元画像が暗めだったので右スライダーを左にスライドさせて明るくしました。

「レイヤーパネル」を確認すると画像レイヤーに「調整レイヤー」が追加されるので、もう少し明るくしたい時にはここを変更します。

フォトショップ写真補正レベル補正レイヤー明るさを変更する時は「レベル補正」以外に「トーンカーブ」をつかってより感覚的に変更することができるので操作方法を確認しておきましょう。

トーンカーブ

「レイヤーパネル」から「塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成」をクリックして「トーンカーブ」を選択します。
フォトショップ写真補正トーンカーブ先程のようにヒストグラムが表示されるのでヒストグラム内の線を自由に操作することで明るくしたり暗くすることが出来ます。

補正できたら左下の赤枠にある矢印ボタンをクリックすると完了です。

フォトショップ写真補正トーンカーブ後「レイヤーパネル」を確認すると画像レイヤーに「調整レイヤー」が追加されるので、後で調整しなおしたい時にはここを変更します。

フォトショップ写真補正トーンカーブ後これで画像の明るさを自由に変更することができましたね、最後にフィルター機能をつかってしまりのある画像にしていきます。

5.アンシャープマスクでしまりのある画像にしよう

「アンシャープマスク」をつかうとしまりのある画像になるのでフィルターを軽くかけておきましょう。

メニューから「フィルター」→「シャープ」→「アンシャープマスク」でフィルターをかけていきます。
フォトショップ写真補正選択アンシャープマスク前「アンシャープマスク」メニューが表示されるので「量」スライダーをスライドさせるか数値を入力して画像を見ながらかけていきます、ポイントはアンシャープマスクを少しだけかける程度におさえておくと見栄えが良くなります。
フォトショップ写真補正選択アンシャープマスク設定元画像と比べて少ししまったら完成です。
フォトショップ写真補正選択アンシャープマスク後ネットショップで使う写真をフォトショップで補正する方法は以上になります。

覚えることがおおくて大変だとは思いますが、ここで紹介したテクニックを使って写真補正をしておくと商品購入に変化が出てくるので覚えておくようにしましょう。

フォトショップで写真補正の補足

1.写真補正のテクニックはわかったけど、ネットショップはハードルが高いから覚えておいても仕方ないと思ってしまうかもしれませんが、ネットショップをはじめるハードルはかなり低くなっています。

例えば、「あなただけのショップが3つのステップでオーナーになれるBASE」を利用してかんたんにネットショップをはじめることができます。

もし売るものがなくてもオリジナルTシャツやiPhone、Androidケースをデザインするだけで売り出すことができるのでおすすめです。

参考:売るものがなくてもネットショップを始めるたった1つの方法

2.そして、フォトショップを操作方法を覚えたいんだけど高くて買えないって人には「無料でフォトショップをインストール」する方法も紹介しているので参考にしてください。

参考:フォトショップを無料でインストールするたった1つの方法

最後までお読みいただきありがとうございます。

Return Top