webgonia

留学したのに英語が話せないって人にある残念な3つの特徴

留学したのに英語が話せないって人にある残念な3つの特徴

ビックリしますが留学してたのに帰ってきてもほとんど英語を話せない人って圧倒的におおいんです、なぜそうなってしまうかと言うと留学することが目的になっていて、行けば話せるようになると勘違してしまってます。

そういう人に決まってあるのが「ただ楽しそうだから」とか「留学したら自分が変わるかなと思って」と目的意識がありません。

高いお金と有限の時間を浪費するなんてもったいないですよね。

アナタは違うと思いますが、そうならないために留学したの時に出会った英語が話せないって人によくある3つの特徴を紹介します。

留学したのに英語を話せない人の特徴

留学英語話せない特徴

特徴1.とにかく目的がない

どうしても英語を身に着けたいって人は問題ないですが、とりあえず目的はないんだけど英語を話したいから留学しましたって人に多いのがこの特徴。

はためには柔軟性があって器用なので、海外生活は楽しめるけど日本人とばかりつるんでいて英語が身についていかないです。

 

特徴2.1人で行動できない

頭で考えすぎて行動できず常に誰かに頼ってしまう、こういう人に多いのが留学する前もあまり情報収集をしていなくて留学サービスのいいなりになってしまったタイプです。

せっかく来たんだから自分で考えて行動にうつさないと何もできないです。

 

特徴3.周りを気にし過ぎる

周りを気にするのはとても良いことですが、気にし過ぎてマイナスになっているタイプ、周りと同じように行動しないと嫌われるんじゃないかと人の目を気にしすぎて行動できずに誰か助けてオーラがでちゃてます。

考えてみてください、せっかく高い金を払ってまで留学しているのですからそれでいいんですか?

 

海外生活を楽しむってことも留学の目的だとは思いますが、せっかく来たんだから英語を身につけて帰らないと後悔することになります。

英語の基礎力をつければ自信がつく

英語基礎力自信英語を話せるようになるとホントに目の前が明るくなります、海外の人にも物怖じせず話すことができ自分の主張をはっきり伝えることができます。

自分の思っていることを人に伝えられるって気持ちいいですよね。

留学して飛躍的に英語力が伸びる人は基礎力があります。基礎があればあとはひたすら実践を繰り返すことで2倍、3倍とぐんぐん上達していきます。

この基礎力が厄介ですぐに身につくものでないので、ひたすらインプット→アウトプットのいわゆる英語漬けになれるかがポイントになってきます。

スポーツでも同じですが繰り返しトレーニングすることで力が身についていき、こなしていくことで自分にはできると自信につながっていくんですが、基礎をつける前にやめてしまう人がホントに多いです。

そして短期で基礎力をのばすには環境がとくに重要なってきます。

基礎力をつけるならセブ島ガチ留学

セブ島ガチ留学余計な雑音を遮断してひたすらトレーニングを積み重ねるならセブ島ガチ留学がおすすめです。

セブ島ガチ留学ならホテル暮らしをしながら英語漬けになれる環境で勉強することができ、他の国にくらべて物価が安いこともあってお得に海外留学が出来ます。

英語だけではないか知れませんが、学習の1番の近道は英語にふれ続けるでしか上達しません、ここにはその環境があります。

今度こそ英語をマスターするんだと本気の方は「1週間39,999円~OK!セブ島ガチ留学」を考えてみましょう。

参考:まだ英語を話せないの?本気で勉強するならセブ島留学でしょ

 

留学したのに英語が話せないって人によくある3つの特徴は以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございます。

Return Top