webgonia

Windowsでブログを執筆するなら必ず使いたいテキストエディッタ

Windowsでブログを執筆するなら必ず使いたいテキストエディッタ

SEO的に考えてブログを書きためていくならワードプレスで運営するのが1番ですが、記事を執筆ことだけを考えるとちょっと書きづらいです。

マックでは「MarsEdit」が4,800円もするけどテキストエディッタとして使いやすいと評判なのですが、「残念ながらWindows版はないとのこと…」

何か便利なモノないかなと探していたら見つけたのがこれ「Windows Live Writer(ウィンドウズライブライター)」、Windowsでブログ執筆するなら使いやすくおすすめです。

Windows Live Writerの利点

WindowsLivewriterメリットWindows Live Writerを使い始めて感じたのは、まずローカル環境で動作しているので文字入力がサクサクできちゃいます。ワードプレスの入力画面って小さいし(ズームにしたらいいんだけどね。) 書きづらいですよね。

その点、Windows Live Writerは文字の大きさやフォントも自由自在、文字の入力だけではなくブログと同期しているのでそのまま投稿もカンタンにできます。

さらに画像やリンクの挿入はもちろん、ソースモードでHTML編集もでき、サイトでどんな風に表示されるかを確認できる「プレビュー」もできる優れもの。とくに画像をファイルからドラッグ&ドロップで持ってくるだけで好みの位置にいれられるのがいいです。

しかも過去に書いた記事を読み込んで編集することもカンタンにできるので変更点を修正したりリライトにも便利です。

 プラグイン追加で自由にカスタマイズ

WindowsLivewriterプラグインWindows Live Writerはプラグインを追加することで自分ごのみにカスタマイズできちゃいます、おすすめなのはブログの定型文を登録しておくとボタン1つで挿入してくれる「Text Template」これでにブログの挨拶文をいれておけば毎回入力する手間が省くことができます。

さらにWeb制作、ブログラミング系のブログを書いている人なら記事にコードをおしゃれに埋め込んでくれる「Crayon Syntax Highlighter Plug-in」もおすすめなので利用してみましょう。

1つだけわかるにくいのが文書を入力していても文字数の表示がないので改善されないかと期待しています、現在の文字数を見たい時はメニューから「ホームタブ」→「編集」→「文字カウント」を選択すると記事の単語数、文字数、行数、段落数が確認できます。

Windows Live writerの詳しい仕様方法やインストールの手順はこちらの記事を参考にしてください。

参考:PCでブログ執筆するのに便利なWindows Live Writerの使い方

 

Windowsでブログ書くなら必ず使いたいテキストエディッタは以上になります。

Windows Live Writerでスムーズにノンストレスで記事を投稿していきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。

Return Top