webgonia

採用担当者に聞いた気持ちが伝わらない間違った自己PR

採用担当者に聞いた気持ちが伝わらない間違った自己PR

気持ちが伝わらない自己PR

面接や書類審査の時に重要な自己PRですが採用担当者からすれば自己PRとして理解できる内容を書いている人は100人いれば10%程度です。

残りの人は自己PRをかいているのにも関わらず理解をされていません。

じゃあどんな自己PRが伝わるの?

悪い自己PRには言葉の羅列が多く人よりも優れているアピールばっかりが目立ってしまいます。

採用担当者が知りたい情報は、応募者がどんな経験をしてきたかの内容を知りたいので、それを証明する文章にをかきイメージさせる必要があります。

20代の場合に企業は可能性を見極めたいと思っていますが、30代になると可能性+キャリアも問われています。

そして40代になると可能性は見られずキャリアのみが問われてくるので、今まで培ってきた経験を証明しないといけません。

そのためには社員を1人雇うのに会社はあくらの利益をあげないといけないかを知っておく必要があります。

年収300万円としていくらぐらいの原価になると思いますか?

職種にもよりますがだいたい2倍、能力のある人なら3倍の利益をあげないと雇うことは難しくなります。

言葉で伝える3つの方法

なので伝わりやすい自己PRとして自分が入ることによって会社がどんな利益をあげれるかを明確にすると伝わりやすいです。

特に数字を入れることによってより伝わりやすいアピールになります。

例えば営業で売り上げを30%増やしたやコストを30%減少させた事を盛り込むとあなたの経験の証明にもなります。

しかし、業種によっては難しい場合もあるので問題を解決した事やコミュニケーション能力のアピールが伝わりやすくなります。

しかし問題解決能力をアピールするとして、こんな問題があって解決しましたみたいな言葉の羅列では何が言いたいかわからないので具体的なエピソードをいれるようにしましょう。

  • どんな問題があったか?
  • それにたいしてどんな取り組みをしたか?
  • 結果どう解決したか?

この3点は確実にアピールに盛り込むと採用される10%に入ることがでるので、具体的に自分を証明することが伝わる自己PRのポイントを押さえておきましょう。


採用担当者に聞いた気持ちが伝わらない間違った自己PRは以上になります。
最後までお読みいただきありがとうございます。

Return Top